ニビル
NIBIRU (Cesky)

NIBIRU 0137-2
パガニーニ:24の奇想曲

ヤナ・ヘライノヴァー(ヴァイオリン)

録音:1996年12月14-17日、プラハ、チェコ放送スタジオ

ヘライノヴァー(1956年生まれ)はナタン・ミルシテインに師事したチェコのヴァイオリニストで、1995年から1998年までチェコ九重奏団の第1ヴァイオリン奏者を務めていました。


NIBIRU 0138-2
20世紀のチェンバロ音楽
 ヴィクトル・カラビス(1923-):水彩画 Op.53/前奏曲、アリアとトッカータ
 ボフスラフ・マルチヌー(1890-1959):ソナタ/2つの小品/2つの即興曲
 ヤン・リフリーク(1916-1964):チェンバストたちへのオマージュ
 ペテル・ミエク(1906-1990):チェンバロのために
 バルトーク(1881-1945):「ミクロコスモス」第6巻 から 3つのブルガリア舞曲

ズザナ・ルージチコヴァー(チェンバロ)

録音:1998年1月14-17日、プラハ芸術アカデミー音楽部門サウンド・スタジオ


NIBIRU 0139-2
ペトル・エベン(1929-):ハープのための音楽
  リソナンツァ/リュートとともに行く歌(*)
  フルート(ピッコロ)とハープのための小二重奏曲集(+)
  6つの愛の歌(低声、ピアノとハープのための)(*/#)
  オルド・モダリス(オーボエとハープのための)(**)
  ギリシャ語の辞典(女声合唱とハープのための)(++)

カテジナ・エングリホヴァー(ハープ)
ヤナ・テトウロヴァー(メゾソプラノ(*))
ヤン・マハト(フルート(+))
ヤロスラフ・シャロウン(ピアノ(#))
ラデク・フラビェ(オーボエ(**))
シュテファン・ブリトヴィーク(指揮)
チェコ放送室内合唱団(++)

録音:1999年5月、プラハ、マルチーネク・スタジオ

(+)初録音/(*)(#)(**)CD初収録。


NIBIRU 0140-2
フランク:ヴァイオリン・ソナタ(チェロ版)
ブロッホ:ヘブライ狂詩曲「シェロモ」(チェロ&ピアノ伴奏版)

クリシュトフ・レツィアン(チェロ)
ヤン・ニェデルレ(ピアノ)

録音:1999年6月20日、プラハ、ボフスラフ・マルチヌー・ホール、ライヴ


NIBIRU 0142-2
ドヴォルジャーク
  ミサ ニ長調 Op.86/3つの宗教的な歌 Op.19b/オルガンのための習作

G・ヴィトコロヴァー(ソプラノ)
M・ツクロヴァー(アルト)
ヤロスラフ・ブジェジナ(テノール)
マチアス・ゲルヘン(バス)
Ch・ボッセルト(オルガン)
アダム・ヴィクトラ(指揮)
アンサンブル・イネーガル


NIBIRU 0143-2
J・S・バッハヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集
  ト短調 BWV1020/ト長調 BWV1021/ヘ長調 BWV1022
  ホ短調 BWV1023/ハ短調 BWV1024/ロ短調 BWV1031

イヴァン・ジェナチー(ヴァイオリン)
ズザナ・ルジーチコヴァー(チェンバロ)
ペトル・ヘイニー(ガンバ)


NIBIRU 0144-2
ヤン・ヨセフ・イグナーツ・ブレントネル(1689-1742):教会音楽集
  Hoste devicto / Perfice gressus meos / Desidero te/ Himmelssonne
  Cantemus domino / Jesu, du mein treus Hirt/ Plaude exulta cor meum
  Laudate dominum / O Jesu mein / Benedicte gentes/ Quam suavis amor
  Jubilate Deo

ガブリエラ・エイベノヴァー、エヴァ・ルカヴィチコヴァー(ソプラノ)
ハサン・エル・ドゥニア、マルタ・ファドリェヴィコヴァー(アルト)
ヤロスラフ・ブジェジナ、マルチン・プロケシュ(テノール)
マチアス・ゲルヘン、マリアン・クレイツィク(バス)
アダム・ヴィクトラ(指揮)
アンサンブル・イネーガル


NIBIRU 0145-2
ゲオルク・ツァールト[イジー・チャルト](1708-1778以降):フルート・ソナタ集
  ホ短調/ト長調/ホ長調/ト長調/ニ長調

ヴァーツラフ・クント(フルート)
ペトル・ヘイニー(チェロ)
モニカ・クノブロホヴァー(チェンバロ)

録音:2005年3月18-20日、プラハ、ホレチコヴァー、
    耳の不自由な子供たちのための特別学校内の礼拝堂

ツァールト(チャルト)はボヘミア生まれの作曲家・ヴァイオリニスト。フランチシェク[フランツ]・ベンダの親友で、二人はともにウィーン、ワルシャワ、ドレスデン、ベルリンの宮廷で活躍、チャルトはその後マンハイムの宮廷でも活躍しました。フルートも学んだチャルトですが、これらのソナタはすべて世界初録音。使用されているフルートはモダーン楽器。


NIBIRU 0146-2
ヤン・ディスマス・ゼレンカ(1679-1745):カンタータ「青銅の蛇」ZWV61(1730)

ハナ・ブラジーコヴァー(ソプラノ:エグラ)
ペトラ・ノスカイオヴァー(アルト:ナムエル)
アレクス・ポッター(カウンターテナー:アザリア)
ヤロスラフ・ブジェジナ(テノール:モーゼ)
ペーター・コーイ(バス:神)
アダム・ヴィクトラ(指揮)
アンサンブル・イネーガル

録音:2005年8月18-21日、プラハ城、ロトマイエル・ホール

旧約聖書に書かれた「青銅の蛇」のエピソードを題材とした宗教的オラトリオ。ピリオド楽器を使用、ヴァロッティ律:a=415kHzを採用した本格的演奏です。


NIBIRU 0147-2
ヤン・ディスマス・ゼレンカ(1679-1745):
  聖母マリアの御清めのミサ ニ長調 ZWV16(1733)(*)
  聖母マリアのリタニア「傷付きし者の慰安者」ZWV151(1744)

ガブリエラ・エイベノヴァー(ソプラノ)
ハナ・ブラジーコヴァー(ソプラノ(*))
ペトラ・ノスカイオヴァー(アルト)
ヤロスラフ・ブジェジナ(テノール)
トマーシュ・クラール(バス)
アダム・ヴィクトラ(指揮)
アンサンブル・イネーガル(管弦楽&合唱)

録音:2007年9月1-4日、プラハ、鎖の下の聖母マリア教会

前作「青銅の蛇」(NIBIRU 0146-2)に続く、アダム・ヴィクトラ&アンサンブル・イネーガルによるゼレンカ。ヴァロッティ律:a=415kHzを採用。独唱者をメンバーに含む各パート4人の計16人による合唱のしなやかさと切れ味は、シックスティーンやモンテヴェルディ合唱団を思わせるほど。スラヴっぽい重さとは無縁です。収録曲はいずれも世界初のCD録音。


NIBIRU 0148-2
ヤン・ヨセフ・イグナーツ・ブレントネル(1689-1742):
  晩課(5つの詩篇とマニフィカト)
   Dixit Dominus / Confitebor / Beatus vir / Laudate pueri /
   Laudate Dominum / Magnificat
  神への賛歌 Op.3 から
   Domine non sum gignus / In te confido / Oderit me totus mundus /
   Parce mihi Domine / Gloria et honore / O beata

ガブリエラ・エイベノヴァー(ソプラノ)
レスター・ラルデノイエ(男性アルト)
ヤロスラフ・ブジェジナ(テノール)
トマーシュ・クラール(バス)
アンサンブル・イネーガル
プラハ・バロック・ソロイスツ
アダム・ヴィクトラ(指揮)

録音:2008年9月6-9日、プラハ、鎖の下の聖母マリア教会

ブレントネル(ブレントナー)は後期バロック的なコンチェルタート様式を得意としたボヘミアの作曲家で、「神への賛歌」はその特徴がよく表れています。ゼレンカの前作2枚で好評を博したアダム・ヴィクトラ&アンサンブル・イネーガルの精緻な演奏はここでもみごとです。


NIBIRU 0150-2
ボヘミアのヴィヴァルディ
 ヴィヴァルディ(1678-1741):
  ディクシト・ドミヌス[主は言われた]RV595(*)
  ラウダーテ・プエリ・ドミヌム[主をたたえよ、しもべらよ]RV600
  マニフィカト RV610b(チェコ版)(+)
  サルヴェ・レジナ RV617

ガブリエラ・エイベノヴァー(ソプラノ)
ハナ・ブラージコヴァー(ソプラノ(*/+))
マルタ・ファドリェヴィチョヴァー(ソプラノ(*))
レスター・ラルデノイエ(男性アルト(*/+))
ヤロスラフ・ブジェジナ(テノール(*/+))
トマーシュ・クラール(バス(*/+))
アンサンブル・イネーガル
プラハ・バロック・ソロイスツ
アダム・ヴィクトラ(指揮)

録音:2009年2月13-16日、プラハ、フラホル・ホール

後期イタリア・バロックの教会音楽が盛んに演奏されていたボヘミア。ヴィヴァルディもボヘミアに滞在した可能性があると言われています。(+)は同曲の初版にあたるもので、チェコ以外では現存していないためチェコ版と呼ばれています。もちろんチェコ語で歌われているわけではなく、ラテン語です。


NIBIRU 0151-2
(2CD)
ヤン・ディスマス・ゼレンカ(1679-1745):
 セレナータ「ディアマンテ」ZWV177(1737)

ロベルタ・マメリ(ソプラノ:ジュノーネ[ユノー、結婚の女神])
マリエ・ファイトヴァー(ソプラノ:アモーレ[エロース、性愛の神])
ガブリエラ・エイベノヴァー(ソプラノ:ヴェネレ[ウェヌス、愛と美の女神])
ハナ・ブラージコヴァー(ソプラノ:大地)
カイ・ヴェッセル(男性アルト:イメネオ[ヒュメナイオス、結婚の祝祭の神])
アンサンブル・イネガル
プラハ・バロック・ソロイスツ
アダム・ヴィクトラ(指揮)

録音:2009年9月9-13日、プラハ、鎖の聖母教会

ゼレンカの最後の世俗作品「ディアマンテ」の世界初録音。ドレスデンの貴族の結婚式のために書かれたセレナータ(カンタータとオペラの中間的ジャンル)で、ユノーが結婚の女神に、ダイアモンドが結婚の証の宝石になる経緯が筋となっています。

このページのトップへ

原文ホームページ